合格率

| コメント(0) | トラックバック(0)
看護師になるには、国家試験を受けますが、
この試験問題は、マーク形式で、記述問題ではないようです。

そのため、試験問題自体、大変ではなさそうですが、
合格基準が毎年変わりますし、合格率は、9割ほどで、
毎年高い基準のようです。

学校の勉強をしっかりとやって、勉強していれば、
ちゃんと合格できるものと考えていいですね。

また、この合格によって、外国人の看護師が生まれたり、
日本の病院でも、外国の女性が、看護師として
一生懸命働いていることもあり、
本当に素晴らしいですね。

看護師になるにしても、外国の人は、言葉の違いもあって、
本当に大変ですが、努力が実っていくといいですね。


国家試験があります。
国家試験はいったいどういったものでしょうか。

看護師の国家試験は、全国で受けることができます。
11か所の場所で1年に一度行われます。

受験できる月は、2月で、3月には
合格者が発表されます。
試験自体は、10科目で、学校などでは、
3年から4年ほど学んだことを実際に試験で活かしていきます。

看護師の国家試験も、大学の試験と同じように、
年々、変化があり、特に、看護師は、医療技術の進歩によっても
大きく左右されているようです。

そのため、国家試験をしっかりとパスするには、
ちゃんと勉強しないといけませんね。


これは、看護師にもいろいろなのですが、
実際の仕事の内容自体に違いがあるわけではなく、
むしろ、待遇に違いがあるようです。

学歴社会の波の中で、看護師になるにしても、
中学卒業が最終学歴の場合の人と、
大学卒業が最終学歴では違いがあります。

学歴の差によって、看護師の待遇も違ってくるなら、
ちょっと厳しい世界でもあります。

仕事の内容自体に変わりなくても、
それ以外の部分にあって、違いがあるとちょっとつらいですね。

どういう看護師になって、どんな仕事をしたいかを
よく考えたり、それ以外にも、お給料の面や、
待遇の面も考えていきたいですね。

看護師転職

すぐに看護師になりたいと思う場合もありますが、
中学を卒業した時点で、高校は普通科で、
将来、何になりたいかはまだ分からないこともあります。

そんな場合でも、高校はとりあえず、
普通科で、それから将来をじっくりと考えていきます。

例えば、大学へ行くかとか、短大へ行くかもいろいろです。
どこに行くにしても、どんな道があるかも分かりませんし、
看護師になるための大学もあるので、
それを見ていくのもいいですね。

看護師になるにしても、社会人になってから
目指す人もいるようです。

大学を卒業して、就職しても、
会社の業績によっては、お給料が少なかったり、
働くことができないこともあります。

そんな場合でも、看護師だったら、問題なく
じっくりと仕事ができそうです。



看護師になるにも大変で、勉強しないといけないです。
しかし、いろいろな方法があって、
どれを選ぶかはそれぞれです。

高校を行かないで看護師になる方法もありますし、
看護科のある高校へ行って、卒業と同時に
資格を得て、就職するというケースもあります。

看護師になるには、いろいろな方法がありますが、
中学までは普通の学校へ行っていても、
そこから看護科のある高校へ行って、
将来がしっかりと確定するならば
本当にいいですね。

看護師の道はそれぞれですが、
方法が自分にあったものがあるといいですね。